面接一覧

面接は客観的に、戦略的にうけましょう

応募していると、面接の場面がでてきて、複数並行しながら進めていくことになります。面接を進めていく際、質疑応答の内容だけではなく、どの企業をどうスケジュールするかあらかじめ念頭においておく必要があります。一番最初の面接は第一希望群はなるべく避け、第二、第三志望のところをいれていきましょう。気分的にも楽になれます。また、第一志望であることで、盲信的にならず、面接を通して戦略的に志望企業に探りをいれていく客観性も大切です。 自身の経験も交え、説明していきます。

面接当日の身だしなみ、マナーについて

採用担当者は、一緒に働きたいか、働けるかどうか、という観点で面接に臨みます。さらに、それを評価する上で、清潔感や、ビジネスの場にふさわしい格好なのか、見た目から受ける印象も大変大切です。容姿のよい・わるいではなく、ふさわしい身なりかどうかが大変重要です。

スポンサーリンク
レスポンシブ