転職エージェント一覧

面接は客観的に、戦略的にうけましょう

応募していると、面接の場面がでてきて、複数並行しながら進めていくことになります。面接を進めていく際、質疑応答の内容だけではなく、どの企業をどうスケジュールするかあらかじめ念頭においておく必要があります。一番最初の面接は第一希望群はなるべく避け、第二、第三志望のところをいれていきましょう。気分的にも楽になれます。また、第一志望であることで、盲信的にならず、面接を通して戦略的に志望企業に探りをいれていく客観性も大切です。 自身の経験も交え、説明していきます。

転職エージェント・Springについて

私の過去利用してきた中で、役にたったエージェントを紹介したいと思います。今回は、Srpingについてです。結果的に別のエージェント経由となりましたが、紹介してもらった企業は、グローバル展開している企業な求人が多かったです。自分で作成した履歴書、職務経歴書のチェックをしてもらえたり、表現において気をつける点などアドバイスももらえるのも大変ありがたいですそれが、情報を盛る、というのではなく、面談において伝えた内容を踏まえアドバイスしてくれますので、表現面で大変ためになりました。

転職エージェント・DODAについて

今回は、DODAについて紹介したいと思います。面接にあたって必要な事項や段取りなどを提示してくれるだけではなく、企業別に過去の質問なども提示してもらえます。面接にあたり、事前の準備はかかせませんから、このような情報は大変ありがたいです。DODAについて、私自身転職のたびに相談する1社であり、何度もお世話になっておりますが、毎回新たな気づきがあり、大変参考になるエージェントだと思います。相談するエージェントの1社に必ずいれるべきだと思います。

転職エージェント・リクルートエージェントについて

転職サイトはあまたありますが、私の過去利用してきた中で、役にたったエージェントを紹介したいと思います。今回は、リクルートエージェントについてです。私自身、転職のたびに相談する1社であり、何度もお世話になっておりますが、毎回新たな気づきがあり大変参考になるエージェントだと思います。相談するエージェントの1社に必ずいれるべきだと思います。

転職の手段はたくさんあります

近年、転職市場も広がっており、その手段もたくさん増えてきました。特に売り手市場という状況もあり、市場そのものが非常に盛り上がっています。私も実際にこれまで何度も会社を移るたびに転職活動をしましたが、つい先日活動した際に、かなり売り手市場だったのに驚きました。私のような属性でも書類通過して10社近く面接の引き合いがきてどこも魅力的で嬉しい悩みがありました。転職する際の手段について、説明していきます。

スポンサーリンク
レスポンシブ