転職活動の時期について 〜期間、有利な時期は?

新卒については、昨今の就職活動の多様化、年中採用などもございますが、就職活動がある程度決まった時期になることが多いです。

しかし、転職活動については、常時行われています。

とはいえ、いつ頃がよいのか、またどれくらいの期間やるのが適切なのか、特に明示化されているものはありません。

私のこれまでの転職経験に基づいたものや、転職エージェントから聞いた情報などをもとに説明したいと思います。

なお、転職活動についてどのような流れで進んでいくのか、進めていくべきなのかについて、概要を以下にまとめています。

転職活動の流れ(概観)

現状を変えたい、ブラック企業から抜け出したい、新しい職場で自分の力を発揮したい、などなど、転職を決意する際にはさまざま理由があるかと思います。なぜ転職するのか、これまでのキャリアの整理とともに書類を作成して、転職活動に臨みましょう。どういった流れとなるか、概観を把握したいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブ

転職活動の時期

そもそも、どれくらい時間を掛けるものなのでしょうか。

どれくらいの期間を要するのか

転職活動を開始してから無事内定をもらい、転職活動を終了させるまでの期間について、転職エージェントから聞いた話ですと、2〜3ヶ月との話でした。

私の場合

私の場合、過去複数回転職活動をしていますが、だいたい1ヶ月ぐらいです。

短期決戦で臨むことが多いので、そのぐらいの期間で決めています。

特に現職をしながらの活動となるため、業務終了後も応募企業からの返信があったり、業務外にも転職活動の時間を割くことになり、労力を要します。

あまりだらだらしても現職に影響しかねませんので、短期で動くのがよいかと思います。

有利な時期について

1〜3月頃は求人が比較的多い

特に有利になる時期はない、という話もございますが、転職エージェントの方から聞いた話では、1〜3月ぐらいは、求人も多くなり狙い目という話でした。

理由としては、日本のほとんどの企業は会計年度が4〜3月で区切られていることや、人事異動なども新年度にあわせて3月を区切りとしていることも影響しており、2〜3月に退職者が増えることもあり、募集に対して旺盛という状況があります。

また、年度の予算的な調整もあり、もしいい人がいれば、という思惑で募集をかけていることもあります。

2〜3月というと新卒採用などで人事は忙しいので中途採用については手薄なのでは? と考えてしまいますが、中途採用は全く別の人間が動いているので、あまり関係ないそうです

新卒採用は決まった時期の年中行事的な動きとしてあるものの、企業としてみれば、常に必要な人材を求めている傾向です。

私自身の場合

過去の経験でいうと、

1)2〜3月に活動、4〜5月入社:2回

2)5〜6月に活動、7月入社:1回

3)7〜8月に活動、10月入社:1回

4)10〜11月に活動、1月に入社:2回

でした。

意識していませんが、結果的に、年末年始、年度末などの区切りで転職することが多かったですね。

全然関係はないかと思いますが・・・。

2)5〜6月に活動、7月入社:1回

3)7〜8月に活動、10月入社:1回

のケースは2年も経たず、1社は半年以内に退社してしまいました。

両方ともいわゆる典型的な日本の中小企業で、1社はブラック企業でした。

昨今の情勢

景気動向が後押し

時期という点も少し広げて、景気との関わりも大きいです。

景気が悪い時期に求人も冷え込みがちとなり、

最低限のところしか募集がかからない、

いい人がいれば採用するかもしれない、

といった、求職者側からすると厳しい状況になることが多いです。

しかし、このところ景気がよいとされている状況もあり、それにともないその他の業界も求人が高まっています。

新卒市場でみれば、完全な売り手市場です。

特にIT業界のSEは、景気のよいわるいに関わらず人手不足がここ数年慢性化しており、引く手あまたです。

転職市場が整備

さらに、転職自体が当たり前のこととして認知されつつあり、企業側から転職エージェントの役割も大きくなっており、求職者からすると大変よい環境になってきています。

転職することが当たり前の状況となり、転職に対する壁が低くなってきています。

最近のニュースですと、銀行業務のAI化、大規模リストラなどが話題になっていましたが、転職エージェントの方から聞いた話ですと、銀行員からの転職エージェントへの登録がかなり増えているという話もあります。

ライバルも増えているという現状がありますが、それ以上に市場が広がっており、求職者にとってはプラスと考えましょう。

まとめ

転職時期について、有利、不利といった状況はあまりなく、微々たるものです。

少なくとも、昨今の景気動向がよいとされていることから、風向きはプラスであることは間違いないですが、転職しようと思った時が一番の適切なタイミングだと思います。

一歩が踏み出せなくても、転職エージェントに相談することで、その判断の役に立つと思います。

そこで踏みとどまってもよいですし、それをきっかけで転職しようと進んでいってもよいですし、役に立つ情報を提供してくれる存在です。

しかも、無料です。

※そもそも、その報酬は転職ができた際に会社側から報酬をもらうので、こちら側としたら、ドンドン使い倒しましょう。

全然問題ないことです。

以上です。

スポンサーリンク
レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ