面接当日の身だしなみ、マナーについて

採用担当者は、一緒に働きたいか、働けるかどうか、という観点で面接に臨みます。

さらに、それを評価する上で、清潔感や、ビジネスの場にふさわしい格好なのか、見た目から受ける印象も大変大切です。

容姿のよい・わるいではなく、ふさわしい身なりかどうかが大変重要です。

スポンサーリンク
レスポンシブ

身だしなみ

男性、女性でそれぞれまとめてみました。

共通

判断に迷う時は、ともかく、スーツ、ネクタイが無難です。

また、ニオイなど気をつけましょう。

かといって香水をつけすぎても目立ちますので、無臭のもので補いましょう。

お昼後に面接がある場合などは、ガムを噛んで、口臭ケアにも気を配りましょう。

男性

顔・髪・手

  • ヒゲのそり残し
  • 鼻毛の処理
  • 髪の長さ(眉毛や目、耳が隠れていないか)、色(黒であること)
  • 寝癖がない
  • つめが伸びていない

スーツ・シャツ

  • スーツのシミ、ホコリ、汚れがない
  • シャツのシワ、そで口、襟の汚れがない
  • ネクタイが派手すぎない

くつ

  • 汚れがない
  • すり減っていない

女性

メイク・髪・手

  • 髪が長い場合は後ろでまとめる
  • 髪の色(黒、濃茶)
  • ナチュラルメイク
  • 明るく健康的な印象の口紅
  • つめが伸びていない

スーツ・シャツ(ブラウス)

  • シャツは生活感のある無地
  • シャツのシワ、そで口、襟の汚れがない
  • スカートは長すぎず、短すぎない(ひざが隠れる、ひざ上5cmぐらいまで)
  • ストッキングが伝線していない

くつ

  • ヒールが高すぎない(5cm程度まで)
  • 色、形が派手でない
  • 汚れていない

面接開始までの行動〜面接時のマナー

事前準備

  • プリントアウトした履歴書(写真付き)、職務経歴書。写真はちゃんと証明写真で撮影したものを用意し、貼り付ける。
  • 筆記用具。
  • ハンカチ、ちり紙。

到着まで

  • 乗り換え案内をチェックし、現地に10分前にはつくように行動する。
  • Google Mapや会社のウェブサイトで場所をチェックしておく。

到着してから受付

  • (冬場の場合)建物に入る前に、コートやマフラーなどは脱いでおく。
  • (夏場の場合)建物に入る前に、スーツのジャケットを着る。
  • 携帯電話・スマートフォンの電源をオフにする。
  • 受付していただいた担当者、電話口の方にもはっきりとした口調や笑顔であいさつ、対応する。

【受付時】

「本日●●時より採用面接のお約束をいただいております、○○と申します。■■様におつなぎいただけますでしょうか。」

入室〜待機中

  • 自己紹介、これまでの業務内容、入社、転職理由など事前に準備していた内容の準備、確認をする。
  • 玄関や、案内される途中に見えるものや、待機中の周りに掲示されているものをチェック(但し立ったり歩き回らない)。

面接開始〜面接中のマナー

  • 採用担当者の方が入室されたら、立ち上がりあいさつ。
  • 自分が入室する際は、「失礼します。」をまず言った上であいさつする。
  • 名刺交換がある場合は、両手で受け取り、お礼を言う。自分の名刺を出す必要は基本的にはない。
  • いただいた名刺は、机の右端に置く。面接官が複数いる場合は、右端に並べる際、そのとおりに並べる。

面接中の対応

  • 話をする際、相手の話を聞く際は、必ず相手の目をみる。
  • 笑顔を忘れず。
  • 貧乏ゆすりやおちつきのないしぐさはしない。
  • 背筋をのばし、イスは浅めに座る。
  • ゆっくり話すよう努める。
  • 自分が話す場合、相手が話し終わってから話す。話を遮らない。万が一遮ってしまった場合は、謝った上、相手に促す。

面接時の回答については、以下にてまとめています。

面接対策〜面接官から聞かれること、想定質問

転職活動において、お互いのことを確認する場面として大変重要な場面です。企業の採用担当者からすると、書類でうかがえない希望者を知るための場面となりますが、希望者の立場からすると、書面ではアピールできないことができる場面でもあります。今回は、会社面接でよく聞かれる質問、それに対してどのように回答すればよいか、説明したいと思います。100%正しい回答はなく、それぞれの場面にあった形で回答する必要がありますが、事前に理解しておくことで採用担当者に与える印象がかなり変わります。

まとめ

上記はかなり基本的な内容ですが、意外に忘れていることもあります。

チェックしておきましょう。

以上です。

スポンサーリンク
レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ