外資系あるある 〜日本企業以上に政治的なケースがあります

外資系企業というと、ルールが厳格で評価が公平なイメージがあります。

さらに、日本企業によくあるジメジメとした人間関係、上司・部下関係などがないと思われがちです。

基本的にはそうなのですが、日本企業以上に人間関係ありきの会社もなくはないです。

日本企業の人間関係のしがらみが嫌で転職したのに、それ以上に大変なところに転職してしまうと目も当てられません。

それを見分ける方法について、説明します。

スポンサーリンク
レスポンシブ

外資系企業

外資系企業とは

簡潔に説明すると、外国に本社があり、日本に支社(もしくは現地法人)をおく企業のことです。

外資系というと欧米系をイメージしがちですが、中国や韓国企業も外資系です。

私は欧米系のグローバル企業に在籍したことがあり、その経験や業界内で私の周辺でよくきく話をもとに説明して参ります。

人間関係を把握する方法

社長もしくは役職者と、その部下の出自が同じかどうか確認

外資系企業においては、内部から昇格することもありますが、だいたい本国からの横滑りだったり、外部からハンティングされて社長になるケースが多いです。

本部長や部長級などは内部から昇格するケースもあります。

よくあるのが、社長が前の会社の部下を引き連れて転職するケースです。

IT企業によくあります。

社長や役員の他、部下などで以前いた会社と同じかどうか確認しましょう。

入社前であれば、面接の際や条件面での調整の際、社長以下、どのような会社の人が多いのか、確認するだけでもできる限り把握が可能です。

なぜダメか?

「なかよしクラブ」になっている可能性が高いです。

IT企業でありがち

もともとIT企業は転職する際、同業企業に移るケースが多々有り、そのような文化的な背景も理由としてあります。

社長が自分のやり方を進める上で、子飼いの部下と一緒に転職するのです。

外資系の転職は以前に以下の記事でも説明しましたとおり、コネが普通に存在します。

縁故での入社はメリットもありますが、気をつけましょう

縁故というと、あまりよくないイメージがあります。 お金持ちの子息が、ゴリ押しで入社してきたり ただ親戚というだけで会社に入ったりなど、マイナスなイメージが先行しがちです。 とはいって...

ですので、引き連れての転職ができてしまいます。

理念的に、よい施策であれば、うまく進める上で機能するのかもしれませんが、実際の場合、だいたいにおいて、部下が上司に意見せず何でもYESである企業はうまくいきません。

社長が、大きな話にならないよう、例えば前職の役員で、その直系の部長や課長、手足となる営業社員を時間差で転職させるのです。

注意しましょう。

回避する方法

上記のような会社にはいってしまった場合の対処方法は、いくつかあります。

「なかよしクラブ」に入会

自分もその「なかよしクラブ」の文化に染まるという方法です。

しかし、外資系企業は流れがドラスティックです。

完全に入ってしまうと、その社長がコケた時、非常に居づらくなるケースがほとんどです。

社長が辞めると、子飼いの部下は一斉に転職することが多いです。

表面上「なかよしクラブ」に入会

とはいえ、全く染まらないという意思表示をしたり、それが見えてしまうと会社に非常に居づらくなります。

正義感を出して、悪い分を表立って指摘すると、なんだかんだいちゃっもんをつけられ、退職させられる事態にもなりかねません。

私は、自身の経験でそういった場面をいくつも見てきましたので、リアルにあります。

そこは割り切って、大人な社会人としての対応、片足だけつっこむ立ち位置の維持に努めましょう。

時間もカネもかかり面倒な事、例えば、社長の好きなゴルフには付き合わないとしても、飲み会や懇親会などのイベント時には必ず話しかけ社内の存在を示すなど適度な間隔を保つのです。

そこまで居たいと思う会社であれば、ですが・・・。

社長が退職するまで待つ

根気強く、待つという手段です。

社長が退任すると、その部下以下は居なくなるケースが多いです。

しかしながら、これはかなり忍耐が必要です。

あまり前向きでない判断ですので、正直お勧めしませんが、一番無難です。

しかし、外資系企業にいる人であれば理解できると思いますが、

モチベーションの維持が大変難しいと思われます。

ということで、

転職する

もう割り切って、転職する、という手段です。

これが精神的にもよいです。

自分が生き生き仕事が出来る環境を探しましょう。

転職する際に必要な実績などを積み上げつつ、計画的にまとめつつ準備しておきましょう。

この段階で転職エージェントに相談することで、次のよい環境に向けて動き出しましょう。

以上です。

スポンサーリンク
レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ