転職エージェント・DODAについて

私の過去利用してきた中で、役にたったエージェントを紹介したいと思います。

今回は、DODAについてです。

スポンサーリンク
レスポンシブ

DODA

パーソルキャリア(旧社名はインテリジェンスという社名でした)がDODAというブランド名で展開している転職エージェントで、業界大手の一つです。

DODAは、私の過去の転職経験でも、大変お世話になったことがあります。

実際に書いていることが正しいかどうか、自分なりの経験に基づき、コメントします。

メリット

非公開求人を含む希望にあった求人の紹介

一般公開すると応募殺到が予想されるような求人や、求人企業内でも極秘のポジションの求人なども多数含まれています。

リクルートエージェントもそうですが、圧倒的に表にでていない求人の方が圧倒的に多いです。

かつ、条件もよく企業の熱量も感じる求人が多いです。

転職エージェントを活用する際の大きな特長の一つです。

DODAも充実しています。

自分にあう会社ってあるのだろうか? 不安になりますが、

継ぎ目無く紹介してもらえます。

2018年4月現在、 非公開求人を含む求人件数は、124,878件となっております。

数だけだけでは判断できませんが、必ず見つかります。

2人のプロによる転職活動サポート

応募書類のアドバイス

この点は、特に転職初心者にとっても、また転職活動を再開する人にとっても安心できます。

エージェントサービスにあたっては、必ず面談がありまして、

その際にこれまでの職歴や学生時代のことなど丁寧にヒアリングされる場面があります。

それを踏まえ、アドバイスがもらえます。

応募書類をただ提出している代行サービスではないです。

応募した書類のフォローも積極的に行ってもらえます。

選考通過を後押し

これは心強いです。

書類提出にあたり、エージェントとの面談で伝えた内容などを踏まえて応募書類の内容では伝わらないことをエージェントが伝えてくれ、バックアップしてもらえます。

書類はエージェントからの推薦状も添えられます。

面接前後のきめ細かいフォロー

無事面接を通過した後のサポートも大変重要です。

面接日の調整を仲介するだけではなく、面接にあたって必要な事項や段取りなどを提示してくれるだけではなく、企業別に過去の質問なども提示してもらえます。

面接にあたり、事前の準備はかかせませんから、このような情報は大変ありがたいです。

デメリット

リクルートエージェントは、ウェブサイトに自社の特長を大きく記載されているのですが、DODAはトップページに特に記載がないのが残念です。

しかし、サービスそのものは大変充実しており、デメリットはありません。

私見

過去、何度かお世話になり、1社紹介していただけたところに入社した経緯があります。

結果として、半年も経たずに退職してしまったことがありました。

原因は、DODAというよりは、採用した企業の情報について、あまり事前に把握できていなかったことが原因でした。

DODAもさすがにここまでは把握は難しいかな、という内容でしたので、仕方ないと諦めました。

以下にほぼあてはまる会社でした。

こんな会社はブラック企業です 〜その特長とは

ブラック会社に数ヶ月ながら在籍したことがあります。社内のオリエンテーションや業務を進めていくと、アレ??って感じる場面にいくつかでくわしたりしますが、その会社に入ってまだ染まっていない証拠で、その感覚は正しいです。慣れということもありますが、だいたいにおいてそれって意味あるの?というケースがあります。私はあまり褒められたことではないかもしれませんが、結果的に何回も転職した経験から、あまり感じたことのない違和感を感じると、ブラックでは?と疑います。この違和感満載の会社が、ブラック企業です。ブラック企業の特長を挙げていきたいと思います。

その後、またDODAに相談して転職活動を進めていきましたが、上記のような経緯もあり、さらに丁寧に対応して頂けました。

その際、結果としてDODA経由ではなく別のエージェントでの転職となりましたが、最後まで大変丁寧に対応していただけ、求人も自分の希望する業界、職種、条件などあわせてご紹介してもらえました。

まとめ

DODAについて、私自身転職のたびに相談する1社であり、何度もお世話になっておりますが、毎回新たな気づきがあり、大変参考になるエージェントだと思います。

相談するエージェントの1社に必ずいれるべきだと思います。

以上です。

スポンサーリンク
レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ