企業への応募に関して 〜アピールについて

企業の応募に際しては、準備が大変大事です。

先日説明した記事において、準備の必要性を説明させていただきました。

転職は、自分と向き合う、よい機会

ブラック企業に間違って入ってしまったり、今おかれている状況がたいへんしんどい、という時、まじめな人ほど我慢したり自分のせいだと攻めるケースが多々あります。自分の居場所がここではないと拒否反応を示しているのです。そういう時は、積極的に、戦略的に、転職を考えましょう。マイナスなイメージではなく、積極的に自分の居場所を移りましょう、という意味です。転職は自分と向き合うよい機会です。

過去の自分を振り返る棚卸しを実施し、できれば数字に置き換えそれぞれどう取り組んだか振り返りましょう。

以下においては、

転職活動の流れ(概観) 〜準備段階

現状を変えたい、ブラック企業から抜け出したい、新しい職場で自分の力を発揮したい、などなど、転職を決意する際にはさまざま理由があるかと思います。なぜ転職するのか、これまでのキャリアの整理とともに書類を作成して、転職活動に臨みましょう。どういった流れとなるか、概観を把握したいと思います。

なぜ転職するのか、これまでのキャリアの整理などを行う必要性を説明しました。

今回、踏まえるべきアピールポイントについてまとめました。

スポンサーリンク
レスポンシブ

企業へのアピール

転職活動の流れ(概観) 〜準備段階

現状を変えたい、ブラック企業から抜け出したい、新しい職場で自分の力を発揮したい、などなど、転職を決意する際にはさまざま理由があるかと思います。なぜ転職するのか、これまでのキャリアの整理とともに書類を作成して、転職活動に臨みましょう。どういった流れとなるか、概観を把握したいと思います。

上記を踏まえ、なぜ転職するのか、これまでのキャリアの整理などを行う際、以下を念頭におくことで、より採用担当者の目にとまる内容とすることができます。

応募しようとする企業が求めているものが何かイメージ

自分の希望する企業や職種など、求められているものが何なのか、確認しましょう。

明確に記載のない場合は、どういった人が求められているのか想像しましょう。

企業のウェブサイトを閲覧するだけでも概要は理解できるかと思います。

相手の目線がどこなのか、意識しましょう。

求められているニーズにマッチする強みや経験

自分は、どういった経験をしてきて、どういう考え方をもっているのか、どういう性格、人柄なのか改めて確認し、企業の求める内容とマッチするのか、検討しましょう。

見つからない場合・・・置き換えられる経験はないか

特に未経験だと、アピール材料がないこともあるかもしれません。

もしくは、経験があったとしてもアピールするだけの内容ではないと思うかも知れません。

確かに、そのままの表現では採用担当者に訴え、自分のアピールとすることは難しいです。

しかし、過去の経験についての表現を別の表現に置き換えることで、新たなアピール材料とすることが可能です。

例えば、飲食業界 -> IT業界

極端な話、居酒屋で調理バイトもしくは社員として調理人をやっていたとして(飲食業界)、IT業界に転職したいと仮定します。

居酒屋での業務において、調理の知識やスキルのアップデート、手際のよさなどを日々考えながら進めていったとすると、それは日々の学習を継続的に行えるということや向上心をもって業務に取り組んでいるというコアが抽出できます。

これであれば、業界という枠で考えるとどうしても無理がでてきますが、他の業界にも展開できるスキルとすることができます。

このような考え方で、過去から自分で積み上げたスキルを見直し、応募したい業界、会社の求めているスキルとマッチしていくことで効果的なアピールすることが可能です。

キーワード・業務関連

提案力

企画力

課題解決

関係構築

トラブル対応

業務改善

資料作成力、

マネジメント力

キーワード・マインド系

向上心

自主性

継続力

自己学習

責任感

その他

PCスキル:Word / Excel / PowerPoint

語学力

その他取得した資格

などの言葉を念頭にアピール内容を作成しましょう。

希望している企業の人材と一致しない場合

検討していく中で、希望している企業の人材と一致しないことがあるかもしれません。

そこで無理矢理その企業の求める求人にあわせることも可能かと思いますが、無理くりあわせたところで、晴れて入社したとしてミスマッチが起きかねません。

とはいえ、自分自身のステップアップ、少しの背伸びであればそれもアリかもしれませんが、その際はそういう意思で次のステップに進むのだという思いで検討しましょう。

以上です。

スポンサーリンク
レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ