内定後について

転職活動を進めていくと、書類選考、面接をうけていき、無事企業側から内定をもらうこととなります。

まさに目指している内定が得られると大変嬉しいものです。

しかし、内定後には、いくつか内定が得られていればその優先順位付け、どの企業にすればよいのかや、内定企業との条件交渉など、さまざまな対応が必要となります。

しっかり踏まえ、対応していきましょう。

転職エージェントを使っている場合を前提としております。

スポンサーリンク
レスポンシブ

内定後

転職エージェントを使っている場合は、転職エージェントを通じて内定が届きます。

条件面の確認

第一志望だったとしても、即決は避けましょう。

必ず、雇用契約書をチェックして、条件面を確認します。

年収

勤務時間

残業時間の発生の有無

その他手当(通勤、住宅、業務別等専門性に応じたもの)

例えば手当(私の経験)

私が前に入ってしまったブラック会社は非常にセコくて、年収は前職と同等、といっていたにもかかわらず、試用期間(3ヶ月)を過ぎるまでは営業手当は含めない、ということを文面でサラッと書いていました。

口頭では全く補足無しでした。

そういったことがあったので、こちらから指摘して修正させたという経験があります。

(そうしないと前職よりも年収が下がりますので)

転職エージェントに意思を伝える

上記を踏まえ、入社を決めたら、転職エージェントに連絡しましょう。

企業から内定書をもらいましょう

こまかいのですが、口頭で内定がもらえれば、基本内定は有効で問題ないです。

しかし、万が一のことを考え、書面でもらいましょう。

こちらも転職エージェント経由でお願いする形となります。

内定書を正式に受け取れば、まず問題ないです。

選考中の会社があったら

書類応募など途中のものも含め、転職エージェントを通じて、辞退の手続きをしましょう。

入社の意思を固めた時点で、同時に伝えるべきです。

以上です。

スポンサーリンク
レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ