1つの会社で3年はいないと次の転職は難しいって本当? 〜実例付きで説明します

入社したものの、

入った会社が自分にあわない、

そもそもブラック企業だった、

といった場合、まず考えたいのが転職すること。

しかし、入社直後にこのような状況になってしまった場合、一つの話がでてきます。

「1つの会社で3年はいないと次の転職は難しい。」

これは本当でしょうか?

結論からいうと、本当ではありません。

これがデマだということを私のこれまでの経験も踏まえ、説明してまいります。

スポンサーリンク
レスポンシブ

3年続けないと転職は無理という話があります

昔からよく聞く話です。

私の経験

私自身、半年もたたずに退職した会社がありました。

そこは、入社して1週間で、アレ? なんだこの会社、と思うことがありました。

違和感

具体的には、

意思決定が遅く、おまけに社長に全部決裁が集中しているので全然提案が進められない。

社長から一方的な要求をただ聞いて行動することしか許されない、

議論する場がない、

情報共有する場がない、

社外へのメールはすべて許可制、などなど

というありえない状況がありました。

そもそも聞いていないことが多く、入社前に聞いていた内容とはまるっきり反対の状況(マイナスの方向で)が入社直後に露呈していました。

私はそこで、転職を何度も経験していることもありますが、

ここまでひどい会社はなかったので、すぐにでも転職をやり直すべきか考えました。

しかし、そこで思ったのが、タイトルにもある、

「1つの会社で3年はいないと次の転職は難しい。」

というフレーズです。

すぐ辞めると転職時にネックにならないか

すぐやめることはできますが、転職活動をする際に、

前の会社をやめる理由を必ず説明しなければなりません。

在籍が短いとネガティブにとらえられないか?

という考えが頭をよぎります。

しばらく続けてみることに

まだ入社まもないこともあり、会社も中小(零細)ということもあり、逆に少ない人達から変えていけるのではという思いがありました。

これまでの経験を踏まえ、自分から発信して変えていけるところは変えていこうと思い、そのまま思いとどまりました。

しばらくは、必要な情報がほぼなかったので、該当部門からとりよせたり、そのための資料を作成したりと、業務の合間をぬってなんとか会社に対して前向きになって業務に取り組んでいました。

ところが

これまでにない取り組みや違った考え方がどうしてもでてきますので、いいことでも最初は実行が難しいだろうということは想定内です。

しかしながら、会社にとってよい話だったとしても、社長にとって面倒な話はすべて却下というネガティブな対応ばかりでした。

現状のような業務の進め方では前向きにもなれず、数字も上げられないのにです。

まわりの社員にも同じような話をしたものの、社長がいうことに従わざるをえないので、その通りに進めた方がよいと、まるで大会社のサラリーマンです。

たまに自社のことをベンチャーだといっていたのですが、ベンチャーに大変失礼な話です。

3ヶ月経過

個別に面談をする機会があったので、改めて同じ内容で社長に直接提案をしてみました。

そうしたところ、考えておくよ、とさらっと片付けられました。

正面から受け取ってくれていないことが改めて確認できました。

加えて、社員には社長自身の考えをコピーしてもらい業務に取り組んで欲しい、という話がでてきました。

それこそマイナスの元凶であったのですが、

それをさらに社員に押しつけようとしている考えに変わりがないことを知り、

いよいよ我慢ができなくなりました。

転職を決意 〜転職エージェントに相談

上記もあり、まだ半年も経っていないですが、転職を決意しました。

以前からお世話になっている転職エージェント数社に相談しました。

そうすると、意外なほどあっさり転職エージェントの方は受け入れてくれました。

(それが彼らの仕事ではあるのですが、そういう悩みを転職で解決して報酬を得るのが彼らの仕事でもあります。)

転職時に会社がブラックなので、という転職理由はそのまま出すことはしない方がよいです。

その会社にいた際にどういう状況で、その際の改善すべき点について自分はどういったことをやってきたか、やったものの結果的にそれが実現できずやりたいことが進められないので会社を移ることにした、という話であれば社歴がどうとか問われないことがほとんどです。

そういったことを、転職エージェントの方は丁寧にときほぐしてくれます。

あとは、グチや批判をいれず、自分の言葉にするだけです。

(これが難しいですが)

特に若い人だと、面接の際に面接担当者から、大変だったね〜といわれることもあると思います。

私は、転職を決意することであっさりと開放された気分になりました。

このブラック企業に入ってしまったことや、社歴が短いことがネックだと思っていました、それは関係ない、と理解してくれる会社はたくさんあります。

さらにその結果、転職活動が1ヶ月もたたずに半年もいなかった会社から転職できました。

転職エージェントに相談し、希望通りの会社で、かつ年収もアップして生活も改善でき、転職に成功しました。

結論

会社にいて、ダメだと思ったら即転職を決意しましょう。

私のように、(結果的に無駄な)努力をして変えようとすることもなくはないですが、かなわないことがほとんどと思われます。

そして、転職エージェントに相談です。

精神的にも落ち着けると思います。

昨今の売り手市場という状況も追い風です。

いよいよ、ダメだこりゃ、と思ったら、転職しましょう。

例えその社歴が浅いにしてもです。

私は幸いにも、精神的なトラブルは発生しませんでしたが、

人によっては精神面で病気にかかるケースがあります。

健康面でわずらってしまうと、次の会社への転職もままなりません。

以上です。

スポンサーリンク
レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ