2018年04月一覧

面接対策〜予行演習

履歴書、職務経歴書など書類を作成して、応募し無事面接の場面となったら、すぐにその準備にとりかかりましょう。面接に聞かれることであろうことを想定した、予行演習を実施しておくことをおすすめします。自身の職務概要、入社の動機・理由、その会社でどのような業務を行ってきたか、退職の動機・理由など必ず聞かれますので、準備しておきましょう。

面接対策はしっかりと 〜情報収集

希望した条件でどんな会社があるのか、転職エージェントから紹介された企業がどんな会社なのか、会社を知るための情報収集、企業研究は大変重要です。どんなにスキルや業務経験が豊富でも、情報を持たずして面接をクリアすることは困難です。さらに、昨今は企業サイトだけではなく、元在籍者の口コミサイトも様々でてきました。口コミですので、必ずしもその情報が正しいとは限りませんが、一つの考えとしてとらえておくこともありだと思います。この意味でも、情報収集は必須です。

職務経歴書は自分を売り込む企画書です 〜作成のポイント

採用担当者は大変忙しい中書類選考をする立場です。それを考えると、わかりやすい内容であればあるほど検討時に目に留まりやすいです。さらに内容に興味ある内容であれば、是非会いたいと感じてもらえます。今回ご紹介するフォーマットで作成すると、わかりやすくまとめられ、伝えられると思いますので、ご紹介致します。

企業への応募に関して 〜アピールについて

企業の応募に際しては、準備が大変大事です。先日説明した記事において、準備の必要性を説明させていただきました。過去の自分を振り返る棚卸しを実施し、できれば数字に置き換えそれぞれどう取り組んだか振り返りましょう。また、なぜ転職するのか、これまでのキャリアの整理などを行う必要性を説明しました。今回は、踏まえるべきアピールポイントについてまとめました。

転職活動の時期について 〜期間、有利な時期は?

新卒については、昨今の就職活動の多様化、年中採用などもございますが、就職活動がある程度決まった時期になることが多いです。しかし、転職活動については、常時行われています。とはいえ、いつ頃がよいのか、またどれくらいの期間やるのが適切なのか、特に明示化されているものはありません。私の経験に基づいたものや転職エージェントから聞いた情報などをもとに説明したいと思います。

転職活動の流れ(概観)

現状を変えたい、ブラック企業から抜け出したい、新しい職場で自分の力を発揮したい、などなど、転職を決意する際にはさまざま理由があるかと思います。なぜ転職するのか、これまでのキャリアの整理とともに書類を作成して、転職活動に臨みましょう。どういった流れとなるか、概観を把握したいと思います。

転職は、自分と向き合う、よい機会

ブラック企業に間違って入ってしまったり、今おかれている状況がたいへんしんどい、という時、まじめな人ほど我慢したり自分のせいだと攻めるケースが多々あります。自分の居場所がここではないと拒否反応を示しているのです。そういう時は、積極的に、戦略的に、転職を考えましょう。マイナスなイメージではなく、積極的に自分の居場所を移りましょう、という意味です。転職は自分と向き合うよい機会です。

年収にボーナスの項目がある場合の注意点 〜ごまかしがないか確認しましょう

安定している企業であれば、月々の給与の他、夏や冬にボーナスがでているところもあるかと思います。そういったところは自分のがんばりや業績により、上下することはあるものの、全くゼロというケースはまれです。ブラック企業にはそもそもその概念がないので、賞与すらありません。仮にあったとしても、なんだかんだといってゼロにされる、もしくは低めに設定されることがありますので、入社時に賞与込みで前職の年収を計算しているととんでもないことになる可能性があります。このことについて、説明したいと思います。

1つの会社で3年はいないと次の転職は難しいって本当? 〜実例付きで説明します

入社したものの、入った会社が自分にあわない、そもそもブラック企業だった、といった場合にまず考えたいのが転職すること。しかし、入社直後にこのような状況になってしまった場合、一つの話がでてきます。「1つの会社で3年はいないと次の転職は難しい。」これは本当でしょうか? 結論から申しあげて本当ではありません。私の経験談も交え、説明したいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブ